スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『俺の多摩川トラバース』 小河内ダム水根橋~奥多摩湖いこいの路入り口

次のバスが来るまでの1時間、小河内ダム観光をしております。

2016blog_760.jpg
小河内ダム全景図。規模が大がかり。

2016blog_761.jpg
ダム断面図。水深が深い。

2016blog_762.jpg
この壁で奥多摩湖の水量を抑えてるのって、凄いですよね。

因みにここでは放流はしないので、水が滝のように落ちる放流はありません。

滝のように落ちる放水があるのは『余水吐水門』の方です。

2016blog_763.jpg
下のプールみたいな所が発電所のようですね。

2016blog_764.jpg
ダムを渡って慰霊碑を目指します。

2016blog_765.jpg
ここ『小河内ダム(おごうちだむ)』が多摩川の出発点になります。

奥多摩湖の上流は『多摩川』ではなく、『丹波川(たばがわ)』なります。

しかし、ついにここまで来たのかと、非常に感慨深いです……というのは嘘で、18時過ぎて急がねばならないので、慰霊碑まで小走りで行きます!

2016blog_766.jpg
山道から見えた白い建物です。

奥の方が『ダム展望塔』となってますが、改装中で閉鎖中です。

ダムを小走りで渡り、急いで慰霊碑や展示物を見ようとしたら、作業着姿の年配の男性に声をかけられました。(小走りだったのがあやしかったか)

2016blog_767.jpg
この方は管理事務所の人で、この時間からそこの『奥多摩いこいの路』に行くのであれば危ないので声をかけたとのこと。

この『奥多摩いこいの路』が、鳩ノ巣駅の案内板で通行止めとなっていたので、通行できるようになっていて良かったと思いつつ(冬期は閉鎖するので貼ったまま放置かと)、小走りなのは帰りのバスの時間があることと、近いうちにまた歩きに来ますということを説明。

「またぜひ来て下さい」との声をかけていただき、急いで展示物を見ることに。

2016blog_768.jpg
次回の為に『奥多摩いこいの路』のマップを写真に収める。

2016blog_769.jpg
『ドラム缶浮橋(どらむかんうきはし)』などの展示物を見学。

2016blog_770.jpg
こんなのを湖の上に浮かせて橋にしていたらしい。

2016blog_771.jpg
ダムを渡って引き返す途中で、あの辺に歩いてきた『むかし道』があるはずと探すが分からず。

2016blog_772.jpg
良く見ると、あの謎の円柱建造物を発見!

あの裏手を歩いてきたんだね…と納得してダムを渡りきり、バスの時間まであと10分!

2016blog_773.jpg
すると、『小河内貯水池管理事務所』の前で先ほどの男性が待っていてくれて、「記念に小河内ダムのダムカードを差し上げます」と、ダムカードを頂いてしましました!

なんでも、全国で400枚のダムカードがあって、東京ではこの小河内ダムの1枚だけらしい。

まさかのサプライズに感謝し、必ずまた来ます!と管理事務所の人と約束をして、バス停に急ぎます。

2016blog_774.jpg
バス到着前にバス停へ到着。

すでに辺りは真っ暗です。(街灯が少ない分、余計暗い)

2016blog_775.jpg
18時34分、ほぼ時刻通りにバス到着!

バスに乗ると乗客は自分一人だけの貸し切り状態。

クッションのある椅子にゆっくりと座れるこの幸福感(笑)

結局、終点の奥多摩駅まで誰も乗車してこなくて、最後まで貸しきりでした。

2016blog_776.jpg
奥多摩駅周辺は、意外とお店がやっている気配もなく真っ暗。

美味しい蕎麦と温泉は諦めて、そのまま電車で帰ることにしました。

2016blog_777.jpg
やっぱり熊が出るって!

こりゃー次回までには熊鈴を買わないと。

2016blog_778.jpg
去年の2月に登計橋付近で熊が出たって…あの辺は町に近いのにね。

次回以降はさらに奥地へと向かうので、熊が心配になってきましたが、今回はこれにて終了となります。


~まだまだつづく~

スポンサーサイト

『俺の多摩川トラバース』水根バス停~小河内ダム水根橋

バスが行ってしまったばかりで次が1時間後というわけで、奥多摩湖まで行ってみることにしました。

レストランはやってないにしても、売店がやってるかもしれないですし。(お腹が空いた)

2016blog_743.jpg
資料館的な建物があります。

2016blog_744.jpg
午後5時で閉館です。

周辺地図がありますが、売店もなさそうですね。

2016blog_745.jpg
『奥多摩湖バス停』がありました。

帰りはここからバスに乗ればいいですね。

2016blog_746.jpg
次は18時33分なので、それまで小河内ダム観光をします。

2016blog_747.jpg
『丹波山村(たばやまむら)』のある『丹波(たば)』まではバスが行ってるんですね。

その先から源流までの往復は、テント泊を考える必要がありそうです。

2016blog_748.jpg
小河内ダム案内図。

慰霊碑まで行ってみましょう。

2016blog_749.jpg
とりあえず、ここ『小河内ダム(おごうちだむ)』が今回のゴールとします。

移動時間:8時間13分/移動距離:24.5km/歩数:35000歩

目標の奥多摩湖には到着しましたが、疲れた割には距離が稼げなかったですね。

2016blog_751.jpg
初めて来ました!『ダム湖百選 奥多摩湖』!

なかなかの雄大な眺めです。

2016blog_752.jpg
山道から見えた2つの白い建物。

2016blog_753.jpg
魚もウジャウジャ泳いでいるので、ここで釣ったらすぐ釣れそうです。

2016blog_754.jpg
ここがダム本体かと思ったら、余水を出す『余水吐水門』という、台風等の増水時に放流する水門でした。

2016blog_755.jpg
余水吐水門の上を渡ります。

2016blog_756.jpg
渡って水門を挟んで反対側は、渡ってきたとこよりも広くなってました。

2016blog_757.jpg
『水根橋(みずねはし)』という名前が付いております。

2016blog_758.jpg
水根橋の外が『余水吐』という部分です。

ここを水が流れる光景は迫力がありそうですね。

2016blog_759.jpg
あ、さっきの魚がウジャウジャいた場所は禁漁区だわ。


~まだまだつづく~

『俺の多摩川トラバース』 青目立不動尊~水根バス停

すでに午後5時を過ぎ、なかなか奥多摩湖に着かないなと思っている時に、やっと山道を下る雰囲気の舗装路に出ました。

2016blog_724.jpg
左下り むかしみち  右 水根林道行止まり

これは確実に左の道ですね。

2016blog_725.jpg
と、当然のように左の下り坂を行こうと舗装路に降りた時、正面にこんな標識が!

右が「水根観音経由むかし道・休憩所・奥多摩湖」…え?どういうこと?

左の方が近い気がするんだけどな~~

2016blog_726.jpg
しかし、ここで道を間違って引き返してくるのはツラい、ちゃんとした看板に従おう…と右の道を選択。

先の方は明るいし、舗装路が続いてるから大丈夫だろうと。

2016blog_727.jpg
予想に反して再び山道。

とりあえず「水根観音経由むかし道・休憩所・奥多摩湖」へと進みますが、来た方向も「奥多摩湖・バス停」と『奥多摩湖』には行けるようなので少し後悔。

2016blog_728.jpg
すぐそこなのに…まだ着かないのかーーーー!もう下らせてくれーーーー!と、もう歩くのに飽きてきた模様。

2016blog_729.jpg
延々とこのような山道が続きます。

2016blog_730.jpg
嫌になるくらい、まだまだ山道が続きます。

2016blog_731.jpg
ここが鷹ノ巣山との分岐なんですね。

一度は登ってみたいですね、鷹ノ巣山。

2016blog_732.jpg
途中、「道を間違ったかな?」という場所があったので地図アプリで確認しようとしたら、電波が入ってこない地域で焦りました。

結局、その道を真っ直ぐで正解だったのですが、不安から少し道を戻ったので余計疲れました。

2016blog_733.jpg
やっと、山道も終わりに近づき、下り始めました。

この辺はまだ、桜が満開でした。

2016blog_734.jpg
舗装路に出たところで左折して奥多摩湖方面へ歩いていると、あの分岐で左の下り坂を進めばここに出るのでは?という道がありました。

2016blog_735.jpg
渡ると楽しげな橋がありましたが、ここはその誘惑に勝たねばなりません。

2016blog_736.jpg
こっちへ行くと奥多摩湖という風に書いてありますが、もう騙されません。(騙してはいない)

2016blog_737.jpg
行ったら楽しそう…復路でここを通れればなと。

2016blog_738.jpg
時刻は17時27分。
だいぶ薄暗くなってきました。

でも、だいぶ日が延びてきたので、真っ暗にならずに助かってます。

2016blog_739.jpg
ようやく、いい加減にしろ!と思っていた『むかし道』が終了。

復路は絶対に『むかし道』は通らない…と思うほど疲れました。

復路は青梅街道を通ろうと思います。

2016blog_740.jpg
『秩父多摩国立公園』のデカい看板。

この先に目指すことになる『丹波渓谷』(まだまだ先)が書いてあります。

2016blog_741.jpg
その看板の前に『水根バス停』がありました。

これで奥多摩駅まで帰れる!奥多摩駅で温泉!美味い蕎麦!

2016blog_742.jpg
17時台は…25分の1本だけかぁー、さすがこの辺まで来ると一時間に1、2本なんだなぁー。

時計を確認すると、ただ今の時刻は17時32分。
(ポク ポク ポク ち~~~ん)

バス、行ったばっかりじゃあないか。
(あの分岐で左に行っていれば…)


~まだまだつづく~

『俺の多摩川トラバース』 西久保の切り返し~青目立不動尊

奥多摩湖までのラストスパートは、『青梅街道』ではなく『むかし道』を選択。

時刻はもうすぐ午後4時30分なので、辺りも少し薄暗くなってきました。

2016blog_706.jpg
奥多摩湖までのむかし道はほとんど山道で、地盤が弛んでいるのか山側も谷側も今にも崩れそうな場所もチラホラと。

2016blog_707.jpg
木々の間から巨大な建造物が見えます!

あれが『小河内ダム』のようです。

2016blog_708.jpg
こういう標識のない分かれ道は悩むよね~……ちゃんと階段になっている右の道を選択。

2016blog_709.jpg
結局、階段を上りきったところで、先ほどの道と合流。(紛らわしい…)

ここで再び分かれ道ですが、分岐点に標識があります。

2016blog_710.jpg
左 中山集落・小河内ダム  右 山みち

迷わず左へと進みます。

2016blog_711.jpg
因みに、右の山道は倒木でこんな感じで塞がれていました。(先には何があるのでしょうか?)

2016blog_712.jpg
山道が続きます。

白髭神社から人とは会っていませんが、平日のこの時間にここで人に会ったら逆に恐いかも。

2016blog_713.jpg
その時!頭上から「ガサッ!」と物音がしたのでビックリしてその方向を見ると、タンクのような円柱の建物がありました。

なんの為の建物なのでしょうか。

その後は物音はしなかったのですが、なんんだったのでしょう?鳥かな。

2016blog_714.jpg
高圧電流ビリビリの柵です。

絶対にさわってはいけません。

2016blog_715.jpg
しかも道幅が狭い。

高圧電流が高い位置になるからまだいいですが、何用の電流なのでしょう。(人用?)

左側は中山集落となっていて、民家が数軒建ち並んでいます。

電信柱?に「去年の11月に熊が出た」というような張り紙があったので、電流は熊用なのかもしれません。(柵が新しめだったし)

2016blog_716.jpg
中山集落を過ぎ、先へと進むと目の前に大きな石が転がってました。

2016blog_717.jpg
この急斜面をゴロンゴロンと転がって…

2016blog_718.jpg
この鉄製のフェンスをひん曲げて落ちてきたようです。

2016blog_719.jpg
手前の大きい方は、靴と比較してこのくらいの大きさ。

2016blog_720.jpg
奥の小さい方の石でもこの大きさ…ひとたまりもありませんな。

2016blog_721.jpg
それから先は、いつ落石してもおかしくないような岩肌の下を歩くので、山側に注意してたら谷側の道を踏み外しそうになるし、危ない危ない。

夕暮れに差し迫ってきた疲れと、奥多摩湖は見えるのになかなか下山できないという焦れもあり、集中力が無くなってきたので気合いを入れ直します。

2016blog_722.jpg
奥多摩湖はすぐそこなんだよー、だんだん遠ざかってるんじゃないか?

手前の建物は『青目立不動尊(あおめだちふどうそん)』で、休憩所と展望台があるようです。

2016blog_723.jpg
舗装路に出ましたー!やっと下山でしょうか?


~まだまだつづく~

『俺の多摩川トラバース』 しだくら橋~西久保の切り返し

定員が「五人」だったのに、現在は「3人」に減少している『しだくら橋』です。

渡る必要はないのですが、せっかくなので渡ってみましょう。

まずは1歩、2歩、3歩…うわっ!なんだこの橋!?揺れ方が普通じゃない!

しかも、踏み板の音というか感触が薄く感じるのと(軽量化目的なのか穴あけてあるし)、雨に濡れてシットリしていて今にも「バキッ!」って踏み抜きそう!

1/3ほど進んで、あまりの恐ろしさに引き返してしまいました…

情けなし……ヤベーぞ、この吊り橋。

2016blog_688.jpg
縦には揺れるのですが、真ん中に近づく程だんだんと大きく揺れ、微妙に横揺れもあるのではないかと。

あと、対岸までの距離があるのと川からも高く、相乗効果で恐いのかと思います。

2016blog_689.jpg
怖がっててもしょうがないので、気合いを入れ直して渡りました。

真ん中まで来た時の揺れ方は、今まで渡った橋を凌駕する揺れ方です。

渡ってすぐ後ろを振り返り橋を見たら、信じられないことに波打ってグネグネしてました。

対岸には山道がありますが、どこへ続く道なのかが謎なので、不本意ながら引き返します。

2016blog_690.jpg
帰りは感覚が慣れてきて、真ん中辺りで写真を撮る余裕ができました。

2016blog_691.jpg
多摩川に大岩がゴロゴロしてて壮観ですが、橋がグラグラと揺れている為に楽しむ余裕はありません。

2016blog_692.jpg
吊り橋らしい吊り橋を求めている人には、『しだくら橋』は楽しい橋かもしれません。

俺は当分もういいや(笑) あーー恐かった。

2016blog_693.jpg
さらにむかし道を進むと『道所橋』という、しだくら橋に似た吊り橋があります。

道所橋…なんて読むと思います?「どうどころばし」が正解。

この橋が多摩川に架かる最上流の橋になります。

2016blog_694.jpg
こちらの定員は五人のようですが、なにかが貼ってあった跡があるのがあやしいところ。(ホントは3人じゃね?)

2016blog_695.jpg
が、しかし!この橋は恐くない!

吊り橋なので揺れますが、しだくら橋のような恐ろしいものではないです。

2016blog_696.jpg
もう、ぜーんぜん、写真撮影ができる心の余裕が持てますからね。

2016blog_697.jpg
しだくら橋よりも低いのか、高さに関してはそこまで恐怖を感じない。

2016blog_698.jpg
踏み板の隙間が広いですが、しっかりした板なので大丈夫です。

真ん中の鉄の補強部品の上を歩けば、安心感が増して良い感じです。

2016blog_699.jpg
渡った向こう側の左に道がありますが、しだくら橋の山道につながってる気がします。

2016blog_700.jpg
他にも山道はありましたが、どこへ続いているのか分からないので、橋を渡って戻りたいと思います。

2016blog_701.jpg
道所橋から、むかし道を15分ほど歩いたところにトイレが設置してありました。

説明書きにはこうあります。
「このトイレ(バイオトイレ)は、排泄物に生息している微生物を利用して、排泄物を水と炭酸ガスに分解消化する環境に優しいトイレです。」

「処理能力がオーバーすると使用できません。」

……これだ!このトイレだ!状況により使えなくなるトイレは!

使用不可になると、ドアにロックがかかるらしい。

なるほど、バイオトイレは富士山にもあった気がするな。

使用できるようなのでドアを開けたら、独特の臭いがきつく汚れていたので、速攻でドアを閉めました。

ほんとうに、トイレはキレイに使いましょう。(50k地点のトイレも酷かったなぁ)

2016blog_702.jpg
『西久保の切り返し』という極端にUターンする場所から少し進んだところで、むかし道と青梅街道へ出る道の分かれ道があります。

2016blog_703.jpg
青梅街道へはトンネルを通らないと行けないし、青梅街道でも長いトンネル通るんだろうな~。

2016blog_704.jpg
トンネルはなるべく避けたいので、このまま山道を歩く“奥多摩むかし道”を選択。

2016blog_705.jpg
雨も止んだのでレインウェアを脱ぎ、汗で湿ったシャツを着替えて出発です。

ラストスパートにこの山道…(汗)

時刻は16時20分。


~まだまだつづく~

プロフィール

三代目新星

  • Author:三代目新星
  • HairSalon新星のブログ
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。