スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『俺の多摩川トラバース』 釜の淵公園案内図~釜の淵公園案内図

吉野街道を『釜の淵公園』へ行く為に、850m(往復1.7k)戻っております。

でも、途中に「釜の淵公園」の看板無かったよな~、見逃してたのかな。

2016blog_442.jpg
案内板だとこの「かんぽの宿」の通りを曲がったところにあるんですよね。

確かに「かんぽの宿がこんな所にあるんだ」と通った時に思ったんだけどな。

2016blog_443.jpg
かんぽの宿が近くにあるくらいなので、釜の淵公園への期待が高まりますね。

2016blog_444.jpg
白い『鮎美橋 (あゆみばし)』が見えます。

2016blog_445.jpg
釜の淵公園案内図。

釜の淵公園には2本の橋が架かっているんですね。

2016blog_446.jpg
釜の淵公園の入り口から坂を下ります。

時刻は13時45分。

2016blog_447.jpg
鮎美橋の方(下流方向)はこんな感じ。

2016blog_448.jpg
上流方向はこんな感じ。

水量少ないな~というよりも気になるのが、マンションや住宅が景観を壊しているところ。

2016blog_449.jpg
水質は透明度はありますが、飲みたくはないです。

2016blog_450.jpg
この辺が一番出っ張っている箇所ですね。

2016blog_451.jpg
まさに最先端。

ただ、正直な感想を言うと…思ってたのと違いました。

もっと崖のような場所から、渓谷を見下ろす場所なのかと思ってたので、ぜんぜん迫力が無いなと感じました。

2016blog_452.jpg
おおっ!出た!こんな公園内にまさかの「多摩川 右岸 海から 61k」の標識!

意表を突く場所にありますよね、コレ。

2016blog_453.jpg
公園内にもう1本架かる『柳淵橋 (りゅうえんばし)』です。

ガッシリした形がいい感じです。

2016blog_454.jpg
ここにも郷土博物館があるようですが、時間的にスルーで。

2016blog_455.jpg
この坂を登らないとならないのがツラい…けっこうダメージが膝にきてます。

2016blog_456.jpg
坂の途中から見た郷土博物館。

2016blog_457.jpg
吉野街道の『釜の淵公園案内図』まで戻って来ました。

時刻は14時17分。


~まだまだつづく~



スポンサーサイト

『俺の多摩川トラバース』 友田レクリエーション広場~釜の淵公園案内図

滝山街道を歩いております。

2016blog_421.jpg
この辺はセブンイレブンとファミリーマートがあります。

もうホント、「コンビニは見つけた時に寄るべし!」これは多摩川歩きの鉄則になりつつあります。

2016blog_422.jpg
滝山街道かと思ってたら『吉野街道(よしのかいどう)』だった!(いつのまに…)

奥に見えるファミリーマートにベンチがあったので、サンドイッチやパンを買っての昼食休憩。

時刻は12時25分。

ファミリーマートを出発したのち地図アプリを見てみると、この先の道を右折すると多摩川に出られるようです。

ファミマから2本目の道を右折して、多摩川右岸を目指します。

2016blog_423.jpg
住宅地を抜けて、多摩川沿いにある『長淵水泳場』へと到着。

夏場だけの営業なのか(平成23年度から休場とのこと)人の気配はありませんが、新しい公衆トイレがあったので助かりました。(コンビニでトイレ借りるの忘れたので)

2016blog_424.jpg
さて、多摩川ですが、河川敷らしきものがあり降りれますが、草が生い茂って手入れされていない様子。

2016blog_425.jpg
下流方面には行き止まりの土手がありますが、天気が良いのに誰もいない。

2016blog_426.jpg
上流方面にも土手が続いていますが、やはり人っ子一人いない…寂しいもんだ。

たぶん行き止まりっぽいけど、行ってみますよこの土手を。

2016blog_427.jpg
ハイ、やっぱり行き止まりー。

悔しいので、河川敷に降りて道が無いか確認してみます。たぶん道なんかないと思うけど。

2016blog_428.jpg
多少、人の歩いた跡的なのはありますが、荒れ放題なので不安しかないです。

2016blog_429.jpg
ハイ、絶対無理ー。

枯れ草が積み重なって倒れているので、先へ進むのは危なすぎますし、マムシの看板が脳裏をよぎり引き返すことにしました。

2016blog_430.jpg
長淵水泳場まで戻って来ました。

来た方向は左の道ですが、まっすぐ行っても吉野街道へ出られるので真っ直ぐ進みます。

それにしても、今回はちょっと進んで引き返してくることが多いので疲れます。

2016blog_431.jpg
畳屋さんの所から吉野街道に合流。

2016blog_432.jpg
もう、多摩川右岸は道が無いと判断して、このまま吉野街道を歩きます。

一般道は負担がかかるから歩きたくないんですけどね。

側道の側石(フタ)の穴のせいでストックが使いづらいです。使うけど。

2016blog_433.jpg
『調布橋(ちょうふばし)』へ到着。

帰ってきてから調べたら、この橋の左岸側に「雪女の碑」があるそうなので、復路の時に寄ろうと思います。

2016blog_434.jpg
調布橋から上流を望む。

川の中に大きな岩があったりして、最上流のイメージに近づいてきてますね。

2016blog_435.jpg
引きつづき吉野街道を歩いていると「お米の自動販売機」がありました。

「つきたてのおいしいお米」とありますが、これは「精米したてのおいしいお米」という意味です。餅とは違うのですよ、餅とは。

2016blog_436.jpg
奥多摩湖を過ぎ、多摩川源流『水干』まで行く途中にあるので、必ず立ち寄ることになる『丹波山村』の看板。

「日本一のローラーすべり台」・「手打ちそば処 やまびこ庵」・「ますつり場」…3つ全部やってやる!と心に誓うのでした。

ここから39㎞ってそんなに遠くないな…丹波山村って山梨県なのか!…水源のある『笠取山』だけが山梨県だと思ってた。

2016blog_437.jpg
膝に痛みが出てきたので、無理せずに御岳の手前の駅でやめとこうかな…と思い始めた頃の時刻は13時30分。

2016blog_438.jpg
『万年橋(まんねんばし)』へ到着。

2016blog_439.jpg
上流方面は良い感じの景観ですね。

往路も復路も道は無し。

2016blog_440.jpg
吉野街道に戻ったところにあった看板に「釜の淵公園は850m手前」と書いてあります。

2016blog_441.jpg
この『釜の淵公園』は地図のように川の流れが迫り出した地形で、多摩川歩きを始める前に多摩川を調べている時から、必ず行ってみたいと思っていた場所だったんです。

これは戻るしか…もう時間的に御岳は諦めるしかないか。


~まだまだつづく~



『俺の多摩川トラバース』 滝山街道~友田レクリエーション広場

滝山街道を少し進むと、やっと多摩川に出られる道がありました。

2016blog_399.jpg
ここを右折すると多摩川に出ます。

2016blog_400.jpg
『小作堰管理橋(おざくせきかんりばし)』がありました。

この辺の上流域でも、まだこんな大きい堰があるんですね。

2016blog_401.jpg
上流への道は門が閉まっていて行けないようです。

2016blog_402.jpg
渡って対岸には川沿いの道があるのか?

右岸側にこだわっているので、戻って滝山街道を歩きたいと思います。

2016blog_403.jpg
でも、土手ではないですが道がありますね。

2016blog_404.jpg
下に降りる階段があったので降りてみます。

2016blog_405.jpg
下流側には同じ形の住宅が並ぶ下に土手が続いていますが、ちょっと行くと行き止まりなんでしょうね。

2016blog_406.jpg
行って良いのかな?小作堰管理橋の下をくぐって、先ほど見た道へ行ってみます。

監視カメラが設置してあるみたいなので、怒られたら引き返してきます。

2016blog_407.jpg
立ち入り禁止の看板もないので、この道を進んでみます。

2016blog_408.jpg
小作堰管理橋を上流側から見た景色。

手前の水路は魚道。

2016blog_409.jpg
おおっ!こんな場所に「多摩川 右岸 海から 56k」の標識!

ここはなかなか見つけられないだろ~…全部の場所を教えて欲しいよね。

2016blog_410.jpg
下に降りる階段がありますが、危なそうなので降りません。

左側に民家が建ち並び、ここは通って良いのかダメなのか微妙な道なので、なるべく気配を殺しながら進みます。

2016blog_411.jpg
先細りで行き止まり!
こういう場所を見ると、つげ義春の「外のふくらみ」という漫画を思い出す。

柵を乗り越えて先に見える階段に行けなくはないですが、高低差があるので危ないのと、一般常識を考えてやめておこうという結論に至りました。

2016blog_412.jpg
目の前には多摩川の名を冠した『多摩川橋(たまがわばし)』が見えます。

また来た道を引き返すのが「やれやれ…」という感じですね、失敗。

2016blog_413.jpg
滝山街道に戻ってきました。

2016blog_414.jpg
道路標識に「奥多摩」というワードが出てきましたよ!

御岳かぁ、今日は御岳まで行けるといいなぁ…博物館の40分がなぁ~…明るい内に着けるかな。

2016blog_415.jpg
程なくして、先ほどの多摩川の名を冠した『多摩川橋』へ到着。

時刻は11時40分。まだ昼前。

2016blog_416.jpg
多摩川橋の上流側には『友田水管橋 (ともだすいかんきょう)』があり、さらに上流側に『圏央道多摩川橋(けんおうどうたまがわばし)』が通ってます。

2016blog_417.jpg
滝山街道へと戻り程なく歩くと、その圏央道多摩川橋に続く『首都圏中央連絡自動車道』がドーンとあります。

なかなか重量感のある建造物ですね、デカい。

2016blog_418.jpg
その圏央道多摩川橋の下を右折して少し歩き、多摩川方面を見に行きましたが、やはり多摩川沿いは歩ける道は無いようです。

再び滝山街道へ戻って、先へと進みます。

2016blog_419.jpg
右側に「友田レクリエーション広場」という施設があり、多摩川沿いの様子をうかがう為に坂を下って行ってみます。

2016blog_420.jpg
テニスコートなどがある広場なのですが、上流方面を確認してみると…土手っぽいものはありますが、先へは進めない感じですね。

再び坂道を滝山街道へと戻って、先へと進みます。(戻ってばかり)


~まだまだつづく~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。