スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モバイルバッテリーを買う。

多摩川歩きをしながら、写真を撮ったり、マップアプリで位置を確認したりと、色んなことをスマートフォン1台で済ませられるのは便利なのですが、心配になってくるのはバッテリー残量。

お客様にそんなことを話していると、「モバイルバッテリーを買えば良いんじゃない?」とのアドバイス!

そういえば、モバイルバッテリーは息子も持っていたのに…まったく思い浮かばなかったです。

2016blog_306.jpg
さっそくamazonで注文したのち、ドラえもんの箱で送られてきました。

2016blog_307.jpg
今回購入したのは、すべて『ANKER』というメーカーのものを4点。

2016blog_311.jpg
1つめは『Anker Bluetooth 自撮り棒 20時間の長時間バッテリー』です。

あった方が便利かな?と思って購入してみました。けっこう伸びるし。

2016blog_310.jpg
私のスマートフォンは大きめのiPhone6 plus(ケース付き)なのですが、問題なくちゃんと固定できました。

2016blog_312.jpg
自撮り棒をBluetoothでフマフォに認識させれば、このボタンを押すとシャッターが切れるようになります。(ズームや他の設定は画面にて調整)

2016blog_313.jpg
2つめは、充電時にモバイルバッテリーとiPhoneをつなげる『Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 防弾仕様の高耐久ケブラー繊維』です。

「急速充電&高速データ通信対応」というやつで、長さは0.9m。

他のコードと見分けが付くように、色はブルーにしました。

しっかりしたコードで断線しなさそうなのと、まとめて止められるマジックテープ付きなのが良いです。

2016blog_315.jpg
3つめは『Anker PowerPort+ 1 (Quick Charge 2.0 & PowerIQ & VoltageBoost搭載 3-in-1 プレミアム 18W USB急速充電器)』という、モバイルバッテリーを高速に充電する為の充電器です。

2016blog_316.jpg
コンセント部分が折りたたみ式なので、収納する時に邪魔にならないのが良いです。

2016blog_318.jpg
充電器なので、直接スマフォを接続して充電ができます。

充電中に光るブルーのランプが良い感じです。

2016blog_321.jpg
4つめが『Anker PowerCore+ 13400 (13400mAh 2ポート 4.8A出力 パナソニック製セル搭載 大容量 モバイルバッテリー) レーザーカットアルミニウム仕上げ トラベルポーチ付属 【PowerIQ & VoltageBoost搭載】』というモバイルバッテリーです。

2016blog_325.jpg
USBの差し込み口は2つあるので、2大同時充電をやってみたらできました。

丸いボタンの箇所は、白色LEDが光って充電残量が分かります。

2016blog_326.jpg
充電中も丸いボタンの所が光って、どのくらい充電できているかが分かります。

急速充電に対応なので、充電器のLEDランプが緑色に光ります。

満充電だと、私のiPhone6 plusが3回ほど充電できるようなので、バッテリー切れの心配をしないで使えますね。


スポンサーサイト

『俺の多摩川トラバース』 左岸のトイレ~羽村堰

羽村堰を目指して羽村大橋を渡った(トイレの為に途中で降りたけど)わけですが、マップアプリで調べると、羽村大橋を渡りきったところから羽村堰へは少し距離があります。

2016blog_283.jpg
そこで、羽村大橋の上から見えた、もう少し上流に架かる橋が気になったわけです。

2016blog_284.jpg
右岸土手を進めば橋を渡れそうです。

羽村堰周辺も護岸工事のようなことが行われています。

2016blog_285.jpg
こちらは下流方向を望む。

近年の水害を踏まえての工事なのかもしれませんが、昔からの自然溢れる風景が、人工的なものに変わっていくのは寂しいですね。

2016blog_286.jpg
土手に降りる為に、羽村大橋の前のこの道を下ります。

2016blog_287.jpg
そのまま進むと、住宅地に土手へと出られる道がありました。

2016blog_288.jpg
右岸土手に到着。

2016blog_289.jpg
羽村大橋が見えます。

2016blog_290.jpg
少し歩くと、先ほど羽村大橋から見えた橋に到着します。

2016blog_291.jpg
時刻は15時20分。今回の多摩川右岸歩きは、ここにてゴールとします。

次回は、ここから源流を目指して(源流へは辿り着けないでしょうが)歩きます。

それにしても、人が少ないよなぁー。早く暖かくならないですかね。

2016blog_292.jpg
土手を先へと進むと、『羽村市郷土資料館』という施設があるらしい。

近くに『浅間岳(せんげんだけ)』という山があるようです。

「○○岳」という表示を見ると「遠くまで来たな…」と思いますね。

2016blog_293.jpg
この真っ直ぐで雰囲気のある橋を渡って、本日の最終目的地である『羽村堰』へ向かいます。

2016blog_294.jpg
橋の名前は『羽村堰下橋(はむらせきしたばし)』です。

この橋を渡れば、羽村堰がある公園に着きます。

徒歩やサイクリングの場合は、羽村大橋よりもこちらの羽村堰下橋がオススメです。

2016blog_295.jpg
橋を渡ると、デカい物がそびえ立っています。なんですかねコレ。

2016blog_296.jpg
「たま リバー50㎞ 案内図」というものがありました。

地元『大師橋緑地』から『羽村堰』までが50㎞のようです。

右岸側にこだわると、それ以上の距離歩くはめになりますけどね。

2016blog_297.jpg
ここ『羽村堰』は『玉川上水』の取水口(水源)ということで、玉川上水開削の指揮をとった「玉川兄弟」の銅像があります。

2016blog_298.jpg
これが羽村堰の堰です。

2016blog_299.jpg
堰を抜けると段々構造になっていて、夕日が反射して眩しかった。

2016blog_300.jpg
羽村堰の裏側が、玉川上水の水源となってます。

2016blog_301.jpg
なかなかの水量が、ここから玉川上水へと流れていきます。

2016blog_302.jpg
先ほどのやつを下から見上げるの図。

メン・イン・ブラックの「実は皆さんの思っているように、あの部分はUFOでした。」というのを思い出しました。

2016blog_303.jpg
羽村堰を一通り見学したのち、こちらの道から『羽村駅』へと向かいます。

2016blog_304.jpg
時刻は15時50分。青梅線『羽村駅』に到着。

今回は、アスファルトやコンクリートの舗装路を歩くことが多かったので、いつもよりも足などへのダメージもあって疲れました。

どうしても、左膝の外側が痛くなってくるんだよな~。

足のマメ(肉刺とも言う)に関しては、2回目に歩いた時に登山靴に替えてから無いですね。

次回はなるべく土の上を歩きたいです。

2016blog_305.jpg
今回のデータです。

回り道や寄り道が多かったので、時間の割に余計に歩いた感じです。

次回は3月かな。暖かくなってると良いですね。


~まだまだつづく~


『俺の多摩川トラバース』 永田橋~左岸のトイレ

右岸の土手が復活しているのを発見したので、そこへの行き方を探します。

2016blog_260.jpg
渡ってきた方向へ戻り、永田橋交差点を右折して真っ直ぐ進みます。

2016blog_261.jpg
「不審者注意!」……俺のことか?って思ってしまいました。

普通の住宅地を、大きい荷物を背負ってストックついて、登山者のような不振な男。

2016blog_262.jpg
家が建ち並ぶ道の奥に土手を発見!

2016blog_263.jpg
多摩川右岸へ帰って参りました!

2016blog_264.jpg
先ほどの永田橋を望む。

橋から見るよりも距離が近く感じますね。

2016blog_265.jpg
土手の切れ目に行ってみました。橋の下を通る道は無いですね。

2016blog_266.jpg
では、久しぶりの土手道を歩きます。

2016blog_267.jpg
少し歩くと土手道もアスファルト舗装路となり、一般道にぶつかってしまいました。

2016blog_268.jpg
こんな、ありそうもないところに突如現れる野球場。野球大好きだな、日本人。

この野球場は最近できたらしく、グーグルマップで調べると、まだ作る前の状態なんですよね。

2016blog_269.jpg
そのまま一般道を進むと、道がL字になっていて左折しかできません。

左折して進むと、その先はT字路。(“丁”字路との指摘有り)

2016blog_270.jpg
右折して、農家の畑を突っ切る道か…(奥に見える橋に行けるかと)

2016blog_271.jpg
左折して坂道を登るか…(橋に通じる道へ出られるかと)

様子見で右折して農家の敷地方面へ行ってみましたが、道はあるにはあるが、農家の敷地との境が不明瞭すぎて、通っていいもんだかどうだかで引き返し、坂道を選択。(農家の人の視線が気になったし)

2016blog_272_1.jpg
だいぶ歩いているので、この坂はきつかった。

時刻は14時45分。スタートが8時15分だから6時間半経過。

2016blog_273.jpg
坂を登ると2車線の一般道に出ます。

2016blog_274.jpg
右折して真っ直ぐ進めば、先ほど見えた橋『羽村大橋』へ着くはずです。

2016blog_275.jpg
右側は歩道がないので、左側に渡って歩道を歩きます。

実は…多摩川右岸の海から50㎞地点から我慢しているトイレが、そろそろ限界です。

2016blog_276.jpg
『羽村大橋』へ着きました。

今回のゴールは体のダメージ具合を考慮し、『羽村堰(はむらせき)』にします。この橋を渡ればすぐ着くはず。

羽村堰は公園みたいになっているらしいので、トイレがあるはず!

2016blog_277.jpg
橋を渡りながら、次回歩く予定の右岸を確認。土手がありますね。

すでに小走りになりながら、マップアプリで羽村堰を探すと、橋を渡ってもまだ少し距離があるようです!

羽村堰にトイレがありますように……

2016blog_278.jpg
橋の下にトイレがあった!なんという幸運!

2016blog_279.jpg
でも、下に降りられない!なんてこったい。

降りるには橋を渡りきってからUターンしないとダメなのか!

急げ!ダッシュ!皿割れそう。膝の皿割れそう。

足にダメージがあるところからのダッシュは、拷問以外の何者でもないですね。

2016blog_280.jpg
なんと!土手を越してすぐの所に下に降りる階段がありました!

なんやかんや写真は撮ってますが、ダッシュで階段を駆け降りました!

さすがに写真撮っている余裕はないので、階段降りたら一気にトイレまでダッシュ!

そして……間に合いました!良かった良かった。

2016blog_281.jpg
こちらは多摩川の左岸ですが、やはりこちら側の方が土手が整備されていますね。

2016blog_282.jpg
源流からの復路は左岸側を通って帰ってくるつもりなので、帰りの道中は楽かな。

さて、『羽村堰』へ行きましょう。

羽村大橋を渡っている途中で気になるものを見たので、羽村大橋を渡って右岸側へ戻ろうと思います。


~まだまだつづく~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。