スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『俺の多摩川トラバース』 浮島町公園~多摩川河口

「多摩川を河口から源流まで歩くのはどうだろう?」 と思いついたので、歩いてみる事にしました。

大まかな計画として…

・多摩川右岸側を河口より源流まで歩く

・折り返して多摩川左岸側を河口まで歩く

単純明快。

右岸・左岸は源流から下流を見て右側か左側かで分かれます。
多摩川最下流に住む私達の地域からすると、大田区側が左岸で、川崎側が右岸となります。

川崎側(以下 右岸側)の河口の場所を調べると、川崎区殿町にあり、向かいには羽田空港があります。

ただ、個人的に東京湾ギリギリの場所から出発したかったので、川崎区浮島町にある『浮島町公園』を出発地とします。


【 2015年11月16日(月)】

早起きして、環八でタクシーを拾い(いきなり文明の利器を選択)、早朝から贅沢なドライブを洒落こんで浮島町公園へ。
この浮島町公園はアクアラインへ入る高速の入口手前にあり、注意しないと気づかないで通り過ぎるような目立たない公園で、案の定、タクシーが迷うことなくそのまま高速に入って東京方面へ!

慌てて「違います!高速は乗りません!(汗)」って言ったら、早朝で後続車がいなかったのでそのままバックしてUターン……と思ったら、今度は勢いよくアクアライン方面へ発進したので、「ちょいちょいちょい!違う!違います!高速から出て下さい!」と言って後続車を注意してバックしてもらい、高速から出ました。

コレ、もう少し遅い時間帯だったらバックなんかできないで、そのまま羽田空港か木更津まで行ってたことでしょう。

本当に目が覚める(眠気スッキリ)幸先の良いスタートです。

2016blog_001.jpg
そんな、乗ったらどこへ連れて行かれるのか分からないという 、『マッドマックス怒りのデスロード』 のようなタクシーから降り、無事?に『浮島町公園』へ到着!

軽い気持ちで 「2千円で行けるかなぁ~」 なんて考えてましたが、結局は4千円くらい運賃がかかってしましました。手痛い出費。

2016blog_002.jpg
東京湾とのギリギリの場所を探して公園内をウロウロしていると、『浮島 つり園』を発見!
あるのは知ってたけど、初めて来た。

2016blog_003.jpg
早朝から釣りを楽しむ釣り人2名の邪魔をしないように、なるべく静かに歩いて1番端っこに到達!

ここを出発点として 『俺の多摩川トラバース』 スタート!
出発時間は午前7時40分。天気は快晴。

2016blog_004.jpg
浮島町公園から多摩川方面を望む。

まだこの辺は海で多摩川ではないんですよね。
左岸側には羽田空港が見えます。
浮島町公園は飛行機を撮るには良い場所のようです。

2016blog_005.jpg
浮島町公園から公道へ出ました。
海側は道がないので、この高速道路高架下の道を歩きます。

こんな朝早くから誰も歩いてないだろうと思ってましたが、ちょうど通勤時間だったらしく、結構な数の通勤する人達とすれ違いました。

ある工場の入り口に立つ警備員の人に社員と間違われたのか、「おはようございます!」と挨拶されたので「お、おはようごじゃいます…」と、やや挙動不審気味に挨拶を返しました。

2016blog_006.jpg
1時間ほど歩いたところで、多摩川に出られそうな道を発見!

2016blog_007.jpg
その道を進むと…やっとこさ多摩川へ出ました!

2016blog_008.jpg
「河口はどこだ?」 と探すと、1キロほど東京湾方面へ戻るらしい。
しょうがないので多摩川土手を1キロ歩いて戻ることに。

2016blog_009.jpg
少し行くと 「サイクリングコース終点」 と、「この先行き止まり」 の表記がありました。

右岸のサイクリングロードはどこが始点なのでしょう。

2016blog_010.jpg
はい、ここが多摩川右岸の河口になります。
ちょっとした空き地になっております。

2016blog_011.jpg
逆光で見えにくいですが 「多摩川河口」 と書かれた柱。
到着時間は午前9時。

2016blog_012.jpg
砂浜もあります。
ここが海と川との境界線です。

2016blog_013.jpg
河口から東京湾方面へ少し戻ると…行き止まり。

2016blog_014.jpg
行き止まりには 『多摩川河口水位観測所』 がありました。

2016blog_015.jpg
行き止まりの本当の一番端っこに立ちました。
ここは多摩川と東京湾と運河が交わる場所です。

2016blog_016.jpg
端っこから川崎工業地帯へ伸びる運河を望む。

さて、ここが多摩川がついに海になる場所…ということで、ここからが 『俺の多摩川トラバース』 本番スタートです!


~まだまだつづく~

スポンサーサイト

『俺の多摩川トラバース』 多摩川河口~丸子橋

多摩川の河口を出発して、今回の第1回目は、右岸側を「登戸くらいまで行けるかな?」という、ほぼノープランな計画です。天気も良いしね。

2016blog_017.jpg
途中、早朝散歩を楽しむ人々とすれ違いながら最初の橋に到着。

河口から一番最初の橋は『高速大師橋』なんだけれども(写真手前・奥が大師橋)、それよりも空港側に新しい橋ができるとかで(お客様情報)、近いうちにその橋が一番河口にある橋になることでしょう。

ちなみに『大師橋』は川崎市が管理してるんだって。しかも「だいしばし」ではなく「だいしはし」と「ばし」と濁らないのが正式な呼び名らしい。なんかいろいろ裏切られた気分。もちろん名前の由来は『川崎大師』から。

2016blog_018.jpg
大師橋で土手が分断されているので、このトンネルを通って先へ進みます。

2016blog_019.jpg
土手の横にヘリポート。
奥に見える寺院は『川崎大師自動車交通安全祈祷殿』です。

2016blog_020.jpg
味の素の工場地帯や変わった形の水門を通り過ぎ、個人的に地元の橋というイメージの『六郷橋』へ到着。

六郷橋は土手を分断していてそのまま進めないので、第一京浜国道方面へ降りて、橋の下をくぐってから向こう側に行きます。

2016blog_021.jpg
手前が『京急本線六郷川橋梁』で、奥はJR線の『JR東海道本線六郷川橋梁』と『JR京浜東北線六郷川橋梁』になります。

2016blog_022.jpg
低い。とても低い。この距離で電車が通過したらうるさいだろうな。でもまぁ、屈まないでギリギリ立って歩けるかな。川崎側の鉄橋の下を通るのは初めての経験。

2016blog_023.jpg
ここが問題のホームレス居住区。電車乗ってると見えますよね。

土手のさらに上の塀のような物の上に建ち並んでるせいで、なかなかの圧迫感。

居住者が外にいたり、小学生くらいの子供が折れたゴルフクラブの取っ手部分を持って、もう片方の折れたヘッド部分を逆さに地面に挿して、剣術修行みたいなことをしてるし。学校はどうした?授業中だろ?平日だし。

ここは独特の雰囲気にビビりながら、急ぎ足で通り過ぎました。

2016blog_024.jpg
その先は高層マンション群。土手の道がこんなに細くなります。

マンション前の砂利道は広いですが、なるべく負担を減らす為に土の上を歩いて行きます。

2016blog_025.jpg
花火大会を観に行くと気になる建造物『ラジオ日本電波塔』です。

2016blog_026.jpg
近くで見るとこんな感じ。大型台風が来たら折れそうだけど、折れたとか切れたとかいう話は聞いたことがない。

2016blog_027.jpg
馬が土手を渡るので「馬横断注意」の標識があります。

「馬横断注意」の下に書かれた「LIVLA」という文字は、都内や川崎市などで見られる落書きだそうです。

2016blog_028.jpg
『川崎競馬練習馬場』です。

馬は一頭もいませんでしたが、馬場を整備する人達がいました。

2016blog_029.jpg
東京電力とNTTが共用する送電専用橋の『多摩川専用橋』です。

この多摩川専用橋の奥(隣接)が第二京浜(国道1号)が通る『多摩川大橋』になります。

2016blog_030.jpg
途中、ゴルフ場があって、平日の午前中なのにプレイしてる人がけっこう居るんだなと。

2016blog_031.jpg
『ガス橋』に到着。

とてもお腹が空きました。なぜかチャーハンが無性に食べたくなるも、土手沿いに中華屋さんはおろか飲食店もコンビニも無し!

2016blog_032.jpg
空腹のまま『丸子橋』に到着。
時刻は午後12時20分。

丸子橋を過ぎたところで、土手脇にファミリーマートを発見!

途中、同じようにストックを2本使って歩くおばあちゃんが前を歩いていましたが、ストックを付いてやっとこさ歩いている横をズカズカと追い抜くのは気が引けましたが、後ろをゆっくり歩くのも変なので追い抜かせてもらって、一目散に食料を買う為にファミマへ。

2016blog_033.jpg
あまり大量に食べて調子が悪くなるのも嫌なので、このくらいにしました。

コンビニでカップヌードルの味を「カレーにするか?ここはノーマルにするか?」で悩んでいた時に、先ほど抜かしたおばあちゃんが「ずいぶんお上手に(ストックを使って)歩かれるんですねぇ~」とニコやかに話しかけてくれて、「なにかそういうスポーツでもやられてるんですか?」と聞かれた。

まさか「食欲で必死に歩いてました」とは言えないので、「いやいやいや、何もやってないです!上手なんて、そんなそんな…」などと答えていると、「足腰が丈夫なんでしょうねぇ~」と言って褒めて頂いた。

この先も、知らない人とお話しできる機会があると楽しいですね。

それにしても、相変わらずおばあちゃん人気がある…気がする。ばぁちゃん子だったからか。


~まだまだつづく~

『俺の多摩川トラバース』 丸子橋~稲田堤

お昼ご飯を食べ、お腹も満足したところで、登戸までは辿り着きたいので歩きます。

2016blog_034.jpg
『新多摩川大橋』に到着。
ちなみに、多摩川に架かる橋を全部撮っている訳ではありません。

こんな場所にも簡易住居がありました。私だったら、こんな容易に人が近づいて来れる様な場所に住まいを構えないな。何されるか分からないからこわいよね。ロケット花火打ち込んでくる中学生とかいそうでしょ。

2016blog_035.jpg
第三京浜の下は、土手も上の道も通れるし、土手下の道も通れます。

2016blog_036.jpg
手前が『東急田園都市線多摩川橋梁』で、奥が『二子橋』です。

というわけで二子玉川に到着!「歩くとけっこう遠いんだな…」というのが素直な感想。

2016blog_037.jpg
そしてこっちは国道246号の『新二子橋』です。向こう岸の奥に見えるのが玉川高島屋。

2016blog_038.jpg
多摩川の風景。左にある流木がいい感じでした。

2016blog_039.jpg
東名高速まで歩いてきました!『東名高速道路多摩川橋』です。

ここもそうですが、多摩川は水害に備えて、重機が入って整備している箇所がけっこうあります。そのせいで通行禁止になっている土手下があり、そういう場合は土手上のアスファルトの道を歩きます。

そのせいなのか、「トレッキングシューズは平坦な道を歩くのは適してない・足を痛める」というネット情報を見て、走る用で買ったスニーカーを履いてたせいなのか、両足裏の同じところに大きな水ぶくれができて、アスファルトは痛くて歩けない状態になってます。

2016blog_040.jpg
足裏への負担が少ない土とか草の部分を求め、土手を斜めに歩いたりして余計な距離を歩きつつ、水位の落差が面白い『二ヶ領 宿河原堰(にかりょうしゅくがわらぜき)』へ到着!

こういう川を分断するという、大がかりな巨大建造物は好きです。

2016blog_041.jpg
近くに『二ヶ領せせらぎ館』が有りましたが、月曜日は休館日でした。

○○館、○○園、月曜日休み説。床屋休日あるある。

2016blog_042.jpg
巨大なアーチとグリーンな配色が特徴の『多摩水道橋』へ到着。

ここまで来ると、当初の目標だった『登戸駅』を通り過ぎ、「まだ行けるな…」というわけで、比較的土手からの距離が近い『矢野口駅』へと目標修正。

2016blog_043.jpg
午後3時を過ぎ、快晴だった空にも雲が出てきて夕方感を感じていた頃、『二ヶ領上河原堰堤(にかりょうかみかわらえんてい)』へ到着。

2016blog_044.jpg
なかなか見事な建造物。

2016blog_045.jpg
堰の裏手は、川の流れを堰で制御しているせいか、とても穏やかで静かな川面。

2016blog_046.jpg
堰から少し上流へ歩いても、川の流れがとてもゆったりしていて、この辺の川を望む景色が、地元である多摩川最下流の風景に似ていると思いました。似てますよね?この川のくせに流れがない感じ。

夕方に差し掛かってたせいもあるのでしょうが、なぜか郷愁を覚えて寂しくなりました。

2016blog_047.jpg
だいぶ辺りも暗くなってきたところで『京王相模原線多摩川橋梁』へ到着。

時刻は午後3時25分。まだ少し早いとは思いましたが、足の裏の尋常じゃない痛さが気になったのと、あんまり無理して次に繋がらないと良くないと思い、今回はここまでにしました。

2016blog_048.jpg
正確な場所を信号機で確認したところ、『稲田堤駅入り口』でした。

2016blog_049.jpg
「土手から駅まで遠いかな…」と思いましたが、歩くとそうでもなく、6分くらいで『稲田堤駅』へ到着。

次回はここまで南武線で来てから土手まで歩き、そこから再スタートです!

2016blog_050.jpg
一応アプリでの計測結果です。写真撮ったり、食事などの時間を含めての時間です。

距離も足裏の痛みをカバーする為に、土や草の上を歩いた距離をプラスしても、35㎞は歩いてないと思います。

アプリを電車に乗ってから気がついて停止したので、歩いた距離も所要時間もこの計測より少なめです。

歩いた距離は推定30㎞。所要時間はたぶん7時間45分くらい。

なかなか面白いぞ、多摩川歩き。


~まだまだつづきますが1回目は終わり~

『俺の多摩川トラバース』 稲田堤~三沢川分水路

「多摩川を河口から源流まで歩くのはどうだろう?」 の第2回目です。

第1回目の2015年11月16日(月)から3ヶ月弱後、年を越して2016年2月1日(月)に南武線の『稲田堤駅』から再スタートです。

2016blog_051.jpg
稲田堤駅へは寝坊したこともあり、遅めの午前10時30分頃に到着し、前回の教訓を踏まえてコンビニでパンやカロリーメイトなどの食料や炭酸水を購入。

2016blog_052.jpg
駅から歩くこと7分ほど(コンビニの買い物時間含まず)で、前回のゴール地点『京王相模原線多摩川橋梁』へ来ました。

2016blog_053.jpg
前回、両足裏に水ぶくれを作ってしまったスニーカーはやめ、今回はトレッキングシューズを履いてきました。

「平坦な舗装路を歩くのにハイカットのトレッキングシューズは適さない」というネット情報を見たので、足を痛めてしまう恐れもありましたが、この靴を信じて歩きたいと思います。

ちなみにこの靴は、『ザンバラン スパーク GT』というトレッキングシューズで、登山靴を買う時に何足も履いたのですが、この靴だけどこにも違和感を感じないジャストフィットな登山靴だったんです。予算オーバーでちょっと高い買い物でしたが、悔いは無し!

2016blog_054.jpg
出発地点にある『たぬきや』という居酒屋。早い時間だったので閉まってます。焼きそば食べたかったな…

2016blog_055.jpg
コンビニで買ったサンドウィッチをささっと食べ、午前10時55分に多摩川土手歩き(右岸側)スタート!

2016blog_056.jpg
この辺の川の水ですが、まだ透明度は低いです。

2016blog_057.jpg
足の負担を減らす為に、なるべく土手下の土の道を選んで歩きます。

2月なので桜の木は枝のみ。草も枯れ草ですし、殺風景ではあります。

2016blog_058.jpg
こういう道が続きます。天気は曇りで正直…寒い!

さすが2月、とても寒いので、レインジャケットの下に息子が着なくなったユニクロの軽量ダウンジャケットを着てます。暖かいです。

2016blog_059.jpg
こりゃーなんですかね。水位を計測するやつでしょうか。それにしても、この辺の多摩川の水位は浅いな。

2016blog_060.jpg
この橋は鶴川街道を渡す『多摩川原橋(たまがわらばし)』で、並行して『多摩川原水道橋』が架かってます。

2016blog_061.jpg
多摩川原橋を過ぎて少し歩くと、うっそうとした森の中の様な道になります。

土手の上の舗装路を歩いていたら、たぶん気がつかなそうなこの道。そこそこ距離があるのですが、2月の平日の寒空の下、全く人気はなく、時折茂みの中に見えるホームレスの家に若干不安になる。(襲ってはこないだろうが用心)

何かの鳥が動いた時に「ガサッ」とか、鳥が枝を踏む「パキッ」という音がする度に、音のする方を「キッ」と見て威圧しながら足早に歩く。

2016blog_063.jpg
茂みの道を出た所でサイクリングロードと合流。

2016blog_064.jpg
アスファルト道を歩くのは嫌なので、端っこの未舗装部分(狭い草の上)を歩く。

こういうところを歩くと踏むよね。ウンチ。

実は前回も犬のウンチらしき物を踏んでしまい、わざと水たまりを歩いたり、砂利道を歩いて小石で取ろうと試みたり。最終的に野球場の水道でスニーカーを洗って解決したのですが、今回はこの先の『稲城グランド』に水道があり、スッキリ解決。ウンチだけに。

2016blog_065.jpg
午前11時50分に、『中央自動車道 稲城IC』と直結している『稲城大橋(いなぎおおはし)』に到着。

2016blog_066.jpg
稲城大橋を過ぎると土手下の道が「道」という感じでは無くなるので、土手の舗装路を歩きます。

2016blog_067.jpg
さらに先へ行くと『稲城北緑地公園』という多目的公園があり、スケートパークがあったりします。近所にこんな公園があったら楽しいだろうね。

2016blog_068.jpg
多摩川の土手を歩いていると桜の木の多さに気がつきます。この桜並木も開花の時期に来たら素晴らしいでしょうね。

そんな桜よりも気になったのが、この辺は土手の高さと同じ位置に家が建ってる!ということです。こういう場所もあるんですね。

ちなみに先ほどのウンチ事件でお世話になった『稲城グランド』は、この少し先にある野球場です。

2016blog_062.jpg
府中街道の『是政橋(これまさばし)』に到着。この橋の印象は「デカい」です。

2016blog_069.jpg
ついに南武線が多摩川を渡ってしまう『JR南武線多摩川橋梁』が見えてきました。

2016blog_070.jpg
南武線が多摩川を渡ってます。

これで右岸側では、南武線の駅をあてにできなくなりました。でも安心して下さい。京王線がありますよ。

2016blog_071.jpg
実は『JR南武線多摩川橋梁』と並行して、武蔵野線の『JR武蔵野線多摩川橋梁』もあります。

この辺まで来ると、多摩川の川幅も狭くなり、「上流に来たなぁ~」と思わずにはいられません。

2016blog_072.jpg
『三沢川分水路』と書いてある場所に到着……なんだこれ???

調べたら、『三沢川』という昔から「暴れ川」と呼ばれていた川(感じとしては吞川の造りに似てるが水量は少ない)が氾濫しないように、巨大なトンネルでバイパスを造り、多摩川へ直接、増水した水を流す水路らしいです。

ちょうどこの表示の下を通って、多摩川側に出口があるらしいです。※今調べたので、この時は確認してません。

多摩川右岸、いろんな物があるもんですね~。


~まだまだつづく~

『俺の多摩川トラバース』 三沢川分水路~南多摩駅

2月1日(月)の真冬の曇天寒空の下、多摩川の源流を目指し歩いております。

2016blog_073.jpg
三沢川分水路多摩川出口付近の多摩川の様子。

ちょうどここの多摩川が三叉に分かれてるんです。だから、「三沢川分水路」→「3つに分かれた多摩川」と考え違いをして、この三叉に分かれた場所のことを「三沢川分水路」っていうんだなと、この時は思い込んでました。完全に間違ってましたね。

でも、三叉に分かれたこの多摩川の景観はなかなかのもので、多摩川おすすめポイントです。

2016blog_074.jpg
こちらは『南多摩水再生センター』が下水を浄化再生して、ここから多摩川に放流している場所です。

2016blog_075.jpg
けっこうな勢いで放流してました。

この辺で釣りをしている人が居たので、なにかが釣れるんでしょうね。(釣りをやらないのであまり興味がない)

2016blog_076.jpg
この「水の流れる公園の超大型版」のような場所は、『大丸用水堰(おおまるようすいせき)』です。

大きな監視塔などはありませんが、凝った造りをしている堰です。堰がある場所は必然的に川幅が広くなるもんですね。

元々の地形の影響もあると思いますが、この堰の構造が、先ほどの多摩川が三叉に分かれる原因なっているようです。

2016blog_077.jpg
夏になると入りたくなるのかな。気持ちは分からなくはないですが、危険です!

2016blog_078.jpg
南多摩水再生センターの横を通り先へと進むと、河口にあった「水位観測所」みたいな建物が見えます。

2016blog_079.jpg
さらに近づいてみると……フェンスがあり、もしや行き止まり?

2016blog_080.jpg
確実に進入禁止で行き止まり。道はある感じなんですけどね。南多摩水再生センターの私有地ということなのでしょうか。

※後ほど調べたところ、この先は「自然環境保護区域」らしく、数年前までは「立ち入り御遠慮の立札」が立っていた以外は簡単な柵があるだけで1㎞ほど先へ進めたそうです。そこが行き止まりだったのか、先へとつながっていたのかは分かりませんでした。

これでは河原にも降りられないので(河原が無いし)、川沿いを歩くのは諦め、一般道に出て回り道を探します。

2016blog_081.jpg
武蔵野線の線路を貨物列車が走ってました。

2016blog_082.jpg
少し戻ったところに、南武線の線路(右側)とサントリープロダクツ多摩川工場(左側)の間に道を発見!

スマフォの地図で調べると狭い道ですが、この道を進めば一般道に出れそうです。迷わず行けよ。行けばわかるさ。

2016blog_083.jpg
サントリープロダクツ多摩川工場の裏手を通り、住宅地の路地へ出ました。

2016blog_084.jpg
住宅地を通り抜け、府中街道に出ました。

目の前に南武線『南多摩駅』が見えます。南多摩駅が右岸側最後の南武線の駅です。

この交差点を右折し、南武線高架下を通って進みます。うまいこと回り道ができるのでしょうか。


~まだまだつづく~



プロフィール

三代目新星

  • Author:三代目新星
  • HairSalon新星のブログ
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。